« αシステム・・・ | トップページ | ライブビューの是非 »

2006年2月11日 (土)

続 Yonah

昨日AKIBA PC Hotline!を読んでタマゲた。

L9625アキバにあるカクタソフマップ店頭で、CoreDuo(コードネームYonah)の最高位T2600(2.16GHz)+MSI製「945GM Speedster」でデモ機を展示しているのだが、BenchmarkテストをしたところSuperπ104万桁で31秒を叩き出したらしい。(写真は「元祖」915GMSpeedster)

この凄さがわからない人のために・・・。

私が所有する下記2台では、ともに仲良く?48秒である。

1)Athlon64-3000+(Veniceコア)+ASUSTeK製A8V-E DX NW

2)Pentium4-3GHz(Northwoodコア)+MSI製865PE Neo2 PFISR

ついでに

Pentium4-2.4GHz(Northwood、FSB400)で76秒(爆)。←こんなSpecのマシン結構現役だったりするでしょ!?

ちなみに、同日付の別の記事では

Pentium4 631(3GHz コア  )をオーバークロックし4.8GHzで稼動させ同Benchを計測28秒!!(こっちは空冷でここまでOverClockできんのか!という驚きもある。65nm版に切り替り、定格電圧が1.5→1.3Vへ下げられた為、電圧にマージンが出来たのか?)

Pentium4で考えると、

(48秒-28秒)/(4.8GHz-3GHz)・・・1.1秒/0.1GHz

(4.8GHz-3GHz)/(48秒-28秒)・・・0.09GHz/秒

みたいな感じになるから

CoreDuoT2600≒Pentium4-4.5GHzと同じ能力になる(実存しないが・・・)。

(コアの違いや、SSE3対応の差、2次CASHの差はここでは目を瞑っている)

“Venice”コアのAthlon 64 3800+では40秒というデータをネットで拾った。

ということは、上記のように計算すると

CoreDuoT2600≒Athlon64-4700+(これまた実存せず。)

ということはAthlon64X2-5600+相当!!本当か?すげーww

まぁ単一のベンチでコア違いのCPUを比較してるから、かなりいい加減なものだが・・・。

それに、マルチコアの優位性とかは実際のアプリ次第だし。

とはいえIntelの新型CPUって、こんなモンスターだったんだ。

こりゃ、リキ入っているだけのことはある。

でもT2600、対応M/Bともにまだ市場に出回ってないが、出回っても当面合計¥120,000コースだな。

こんだけ予算あったら、自分ならビデオカード(RadeonX800GTOか同X1600XT)とHDD250GB、メモリ2GBくらいは付いていないと(つまり一式買換えじゃないと)イヤだけど・・・。

CPUはMax¥40,000、M/BはMax¥30,000、両者あわせて¥60,000強くらいには収めたいところだ。そこにメモリ¥20,000強、HDD¥10,000強、ビデオカード¥30,000弱位が自分の理想・・・。

やっぱ、今秋の焜炉に期待だな・・・。だめなら次善の策でX2も考えないと・・・。

|

« αシステム・・・ | トップページ | ライブビューの是非 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/675669

この記事へのトラックバック一覧です: 続 Yonah :

» Yonahコア対応 MSI 945GT Speedster-Plus販売状況 [自分のための特価品情報]
いつもご覧いただきありがとうございます。Core Duo対応マザーボード(Yonahコア対応)MSI 945GT Speedster-Plusの販売状況です。 [続きを読む]

受信: 2006年4月22日 (土) 01:24

« αシステム・・・ | トップページ | ライブビューの是非 »