« MacでWindowsXP Part2 | トップページ | Boot Camp その2 »

2006年4月 7日 (金)

出会いと別れの季節

Angel この時期はまさに「出会いと別れ」の季節。

今の商売(不動産賃貸)で言えば、転勤により新規契約者も出てくる反面、解約者もでる。サラリーマン時代も、自社内(異動は年4回あったけど)・外問わず「出会い・別れ」があった。嫌なヤツがいなくなってせいせいしたり、気の合う担当者がいなくなったり・・・。

今朝は悲しい別れがあった

飼育していた熱帯魚(いわゆるエンゼルフィッシュの1種)が昇天してしまったからだ。

次女が生まれてすぐに購入したから、足掛け5年(正確には4年7ヶ月)飼育していたことになる。’01年9月購入だが、その春~夏に生まれた子供だと思う。購入当初は500円玉サイズより小さかったけど、次女の成長と時を同じくして大きく育ってきてくれたのだが・・・。

亡くなったのは、アルタム・エンゼルという「原種エンゼル」の1種。基本的に流通はWild物中心(逆に養殖物は出物が少ない)。

所謂エンゼルフィッシュは、養殖され(色などを)改良?された種であり、原種エンゼルとは異なる。原種エンゼルは、その野性味あふれる姿が人気。改良型(並エンゼルという)では、安価な反面、累代飼育により体型が崩れたり(肥満)、各ヒレの伸張が劣ったりという弊害がどうしてもでてしまう。

原種エンゼルには4種いるとされ、スカラレ/ドゥメリリ/レオパルド/アルタムと呼ばれる。スカラレ種は広く一般に流通しており、Wildエンゼルというとほとんどがコレ。並エンゼルの原型となったのもコレだ。

ドゥメリリは最近でこそ店頭で見かけることも増えたけど、入荷は少ない。個人的にルックスは今ひとつ好かないが、固定ファンはいるらしい。

自分が飼育してたのはアルタムFromコロンビア。茶褐色の体。原種エンゼル最大級となる体格で、各ヒレの伸張も原種No1だ。熱帯魚の王様として「ディスカス」がよくあげられるが、女王」といえばアルタムだろう。

当初6匹購入したが、導入時の難しさが指摘されている通り購入1ヶ月で2匹死亡。その後はシクリッド特有の体の強さを見せ落ち着いたのだが、購入3年後までに酸欠(水草育成水槽で飼育してたため、CO2添加ミス発生)と、これまたシクリッド特有の同種間抗争により3匹落としてしまった。

残る1匹が持ち前の頑強さで足掛け5年間生きてくれたのだが・・・。

エンゼルは大きくなる為、W90*D45*H45という所謂90規格水槽で飼育していた。混泳させていた小型魚も多数いたがこれまた5年間の間に死に絶え、今残るのはテトラが数匹といった状況だ。

あと2つ(60規格+M型)水槽を維持していて、手が一杯になっていることもあり、これを機に90規格の水槽は処分することになるだろう。自分の趣向が小型美魚(約5㎝程度)の繁殖に移っていることもある。外部フィルター2基、照明(3灯)2基、水槽台、底砂、水草、そして水槽とかなり大型投資をしてきたけど、各々Yahooオクで処分してしまえば、5年間月々1,500円程度の負担になろうか・・・。楽しませてくれた代金としては安いもんだったと思う。

さて、器具を売り払って空いたスペースと浮いた資金で・・・。

新たな小型水槽入替は・・・

どうもムリらしい・・・。

次女の小学校入学まであと2年。お金はともかくとして、勉強机を置くスペースを確保せねばならないから・・・。

う~ん。やっぱり3DKでは手狭になりつつある。そろそろ真剣に資金計画含めマイホーム構想を練る時期が到来しつつあるようだ・・・。

|

« MacでWindowsXP Part2 | トップページ | Boot Camp その2 »

コメント

はじめまして!5年も飼育されたとは、凄いですね~、今は以前に比べるといい個体が随分と増え飼い易くなったようです。

投稿: ISAESI | 2006年4月14日 (金) 10:20

ISAEIさん、はじめまして。
コメント有難うございました。アルタムは導入期が一番難しいんですよね。特に輸入したてのは、ショップで一旦落ち着かせないと・・・。
最近はディスカス等中~大型の魚がどうも苦手になってきていて(大きな目がちょっと・・・)アルタムも情報に疎いです。
ISAEIさんのBlogも拝見&書き込みさせていただきました。とてもキレイに水槽を管理されていらっしゃるんですね。私も参考にさせていただきます。
また気が向いたときにでも覗いてみてください。

投稿: flipper@管理人 | 2006年4月15日 (土) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/1319495

この記事へのトラックバック一覧です: 出会いと別れの季節:

« MacでWindowsXP Part2 | トップページ | Boot Camp その2 »