« 株主優待 | トップページ | 審理差し戻し »

2006年6月19日 (月)

2戦を終えて・・・雑感

待ちに待ったW杯。既に予選リーグでは2戦を終え、予想通りF組首位は勝ち点6で王者ブラジル

さて、我らが代表はというと・・・。初戦対豪州戦で1-3と●。そして昨日対クロアチア戦で0-0。結果として勝ち点1に留まり、クロアチアと同勝ち点ながらも得失点差でF組最下位・・・orz。

昨日引き分けたことで、「決勝トーナメント進出へ望みがつながった」という報道が散見されるが、現実的には「首の皮一枚ツナガッタ」というところだろう。星取表とにらめっこすれば自明の理なのだが、日本が予選突破できる可能性があるのは、

1)第3戦の対ブラジル戦で勝利すること(必須)

2)第3戦でクロアチアが豪州に勝つ若しくは引き分け

という条件が付く。それに、日本は最低でも2点差以上の差をつけての勝利が求められる上、クロアチアが豪州に何点差で勝つのか等不確定要素が大きい。

これは、「望みがつながった」レベルの話じゃなくて、可能性的には「天文学的」な確率に近そう・・・。

第2条件のクロアチア対豪州はなんとなく、クロアチアが引き分け以上を確保できそうな気がするのだが、日本が2点差以上で勝つのは正直な話・・・(沈黙)

昨日の試合で、川口のファインセーブに助けられた場面は、胸にじーんとくるものがあった。中田のミドルシュートも「必死」さが伝わった。でもあの柳沢のシュートはいただけないし、途中交代の玉田も・・・。

決定的な場面で決められない、自分たちの流れになってる時間帯で点が獲れない・・・こうした症状がでると勝てる試合も「落とす」結果になるのが当たり前。第1戦/第2戦に共通して言えることではなかろうか。

ジーコも何がやりたいのかも見えてこない。「3-5-2スタイルと4-4-2スタイルのどちらを選択するのか」「選手交代のタイミングと交代カードの有効活用」とも、アジア予選のときからの消化不良テーマ。結局消化不良のままドイツへ行ってしまったのかという感がある。試合を行うのは選手だが、采配の総責任はあくまでも「監督」が負う。いつも思うのだが、何故こうした判断をしたのか?「経営者」はいつもそうした「説明責任」を負わされているし、明快な「説明」ができないものや、失敗点を次に生かせないものは「失格」の烙印が押される。コレに比べて監督業は随分「保護」されている気がするのは気のせいだろうか・・・。

途中交代で出た稲本がある程度仕事をした(途中危険な位置でFKをとられたが)のは一筋の光かもしれないが・・・。残り10分を切ってからの大黒の投入はもっと早くてもイイし、玉田投入は意図不明。これまで温存している「巻」は何のために呼んだのか?松井の方が良かったと自分は今でも思ってるし。それと小野、もっと彼を使って欲しいし、中村のコンディションが悪いなら尚更だ。

結局のところ、日本は「崖っぷちに立たされている」どころか、崖から足を滑らせてかろうじて伸ばした指先が地面を捕まえている状態に近い。第3戦の見所は「王者に対してどのような試合ができるのか」に尽きる、というかそれしかなくなってしまった。2点差以上つけるのは、ボクシングでいうところのKO勝ちに近いイメージと自分は考えている。だとすると、ハードパンチャーよろしくノーガードで打ち合うイメージなのだが、悲しいかな逆に打ち負けてしまう可能性のほうが高い。点が取れる予感がするのは「クロスカウンター」なみに逆襲が決まるケースなのだが・・・。

折角訪れた4年ぶりの祭典なのだが、楽しみは「同胞の活躍」から「オランダ」「イングランド」はどこまで行けるかといった方向へと、残念ながら急速に移りつつある。

それにしても日本代表・・・アジア予選といい「接戦・大苦戦・逆境」といった言葉が好きなのだろうか(苦笑)。そういえば春先のWBCもそうだったっけ。どうもMっぽい体質が・・・。

|

« 株主優待 | トップページ | 審理差し戻し »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2戦を終えて・・・雑感:

« 株主優待 | トップページ | 審理差し戻し »