« 熱いハート | トップページ | Athlon64値下に思うこと »

2006年6月 9日 (金)

New Face 投入

Dsc_0013 今日は雨天でスーツを濡らしながらも、東京へ月イチ講演会に行ってまいりました。

が、

国会への出席の都合上、麻生外相が早め(通常の半分)に講演を終えたため、昼食を入れてもPM1:15には開放されてしまった・・・。こりゃ、いつもの場所に行くっきゃない!!

ということで、これまた月イチ?になっている屋上のお店へ直行・・・(笑)。そう、銀座は松坂屋の屋上熱帯魚売場、「An aquarium」。アピストグラマに代表されるドワーフシクリッドに強い熱帯魚店だ。

今日の目的もアピスト・・・

といきたいところなのだが、水槽を整理した関係上、収容スペースがないorz。ドワーフ(小型)とはいえ、シクリッドの仲間は同種間で激しく争い、相手を衰弱させて殺してしまうこともしばしばあるから、「同種混泳」ができないのだ。

そして、今の我が家の60cmメイン水槽にはAp.ユルエンシス♂が「やもめ」暮らししているから、他のアピストを入れられない。

ユルエンシスの♀を店主に追加で頼んではいるのだが、ドイツ経由で来る便ではここのトコ、同種が入ってこない・・・(涙)。ペルー便でたまに入っているようなのだが、微妙にロカリティ(地域)違いで姿が違ったりしてるから、(掛け合わせてハイブリッド化したくないので)見送ってる。自分のドイツ経由便でくるヤツは、昨年の今頃は比較的入手しやすかったのだが、ココしばらく入荷がなく悩ましい・・・。

今回入手したのは、カラシンの一種「シザーステールテトラ」(WB.Sabby便で4月第1週入荷のヤツのはず、Anの4月のNewsで記載されたもの)。誤解を恐れず解かりやすく言うと「ネオンテトラ」の仲間だ。シルバーなBodyにサッと入る水色の一本線が美しい小型美魚。現在のメイン水槽は、かつて3~5年前に購入した魚の生き残りばかりだから寂しい状態なんで、コイツで群れを作り水景を爽やかにしようというワケだ。

それと、パトロキンクルス・グリーンドット。苔取魚として重宝されるオトシンクルスの近縁なのだが、一般種ではつまらないから、希少種を少しづつ集めて飼育している。今では

パロトキンクルスsp(ニュータイガーオトシン)

プセウドオトシリス・ジャネイレンシス

パロトキンクルス・ミヌトゥス

が我が家にいるのだが、妙な「こだわり」で集めた割りに「地味」・・・。っつうか普通「誰もわからん」世界だ。まぁ一般ウケ狙うなら、ネオンテトラを2~30匹群れで泳がすとか、エンゼルフィッシュあたりをバーンと前面に出すとかいった「解かり易い」のが一番なのだろうが・・・。

さて、水合せに約1時間。いつもどおり点滴方式で済ました後、水槽へ投入。やっぱりイイ。水草の美しい黄緑の森に、爽やかな水色。予想通りだ・・・。

さて、明日から週末。リセット後、伸びてきた水草をトリミングして水景を整えようと計画しているのだが、どうなることやら。

|

« 熱いハート | トップページ | Athlon64値下に思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/2143935

この記事へのトラックバック一覧です: New Face 投入:

« 熱いハート | トップページ | Athlon64値下に思うこと »