« あれれ、9,000超えてた! | トップページ | 三脚購入、そして到着 »

2006年6月23日 (金)

サムライブルー・・・

今朝は全国1億2千万人の日本国民のどれくらいが早起きしたのだろうか。そしてどれほど多くの人間が落胆したのだろうか・・・。

自分はもちろん「早起き」組だ!! などと胸を張りたいところなのだが、ややうつむき加減になってしまうのはカミサンに起こしてもらって、ようやく後半開始早々から見始めたからだ・・・(汗)。

そうなのだ、玉田の先制弾を見逃してしまったのだよ・・・orz

そこしか「見せ場」がなかったのに・・・鬱

自分は後半から見始めたので、ブラジルに好きなように蹂躙されるサムライブルーの面々を眺めているだけであった。なんだこの内容は・・・。「早起きは三文の得」ではなかったのか・・・怒

パスはまわしているように見えて、実は「まわさせられていた」だけ。効果的な縦へのパスが出せず、横へ後ろへといった消極的なパスしかまわせていない。その上、緩慢なパスまわしで、相手からプレッシャーを受けるとすぐに破綻してしまう。早い話、単純に実力が違いすぎるのだ。

早いパス回し、ダイレクトプレーといったスピーディーなサッカーが日本の「売り」だったはずなのに、そうした長所がほとんど出せなかった。相手が攻めてくれば、ズルズルとラインを下げて危険に位置まで持ってこさせてしまう。点を取らねばならないのに、とりに行く姿勢が見えない。

試合前から解かっていたことなのだが、とにかく、見ていてストレスが溜まる試合であった。逆の立場であったらさぞかし「スカッ」としただろうに・・・。

日本サッカー史上最強と言われていた「サムライブルー」の面々だが、今大会を通じて国民の前に魅せたプレーやその試合結果は惨憺たるモノだけであり、まさに「寒い、ブルー(鬱)」という感じのみ。

それと、気になるのが「代表」としての気構え。どこか淡々と試合を消化しているだけに見えてしまう。WBCのイチロー並に「熱いハート」を剥き出しにしている姿を見たかったのだが、スマートさばかりが前面に出ていて、う~ん。

表現の仕方はまったく異なるが、唯一、中田ヒデの言動のみが心に響いた今回のW杯であった。

その他、監督の人選や選手の起用方法etcいろいろ言いたいことがある人は多いだろうし、自分だって素人ながら色々思うところがあるけど、そうしたことは・・・(ry 他の人に任せよう・・・。

|

« あれれ、9,000超えてた! | トップページ | 三脚購入、そして到着 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムライブルー・・・:

« あれれ、9,000超えてた! | トップページ | 三脚購入、そして到着 »