« PIXUS MP950 | トップページ | 2戦を終えて・・・雑感 »

2006年6月18日 (日)

株主優待

毎年6月、12月は上場企業の決算発表が多い時期であると同時に、配当金と株主優待券が送付されてくる時期でもある。

今年も既に株主総会のお知らせは所有株式全銘柄で届いている。もちろん委任状も同封されているのだが、今は「電子投票」もできるんで、「物言う株主」になるべくすぐさま投票済なのは言うまでもない・・・(笑)。

そんな中、株主優待券も1社より届いた。電鉄会社なんで、無料乗車券と、系列会社の割引券だ。ところが、同じ県内とはいえ、同社のテリトリー外に住んでる自分には使い道がない・・・orz

自分の場合、いらないものはYahooオークションで捌いちゃうからどうでもいいのだが(今回も既に出品済)、機関投資家や海外の投資家なんかは困るだろうな・・・といつも思う。

優待券を貰っても、ファンドへ与えられた場合、ファンドの職員が使ってしまったら「業務上横領」「背任」に問われる可能性もある。だから、「優待」の廃止により「配当増額」を望む声も少なからずあるのだろう。

この辺の線引きって難しい。誰だって「おまけ」は無いよりあったほうがうれしい。自社製品を優待する場合、実際の費用負担は同額を配当するより会社側にとっても少なくて済む。だから両者にとって「実」のある「おまけ」だったはずなのだが・・・。

昔、バブル華やかりしころだったか、東京電力からハンディタイプの掃除機を貰ったこともあるし、日清やカゴメなんかで食料品なんかを貰った記憶もある。こういったのが届くと素朴に「嬉しい」気持ちになっちゃうんだよね・・・。

逆に、以前ライブドアの株主であったとき、「スカイプ」の利用権なんかも送られてきたのだが、あれは換金できず、かといって使わないので困った。

今回届いた優待券、ヤフオクで捌くと約¥3,000円分くらいにはなる。1回の配当毎の配当額が¥4,000円位だから、併せて¥7,000円分くらい。年に2回あるから¥14,000円/年のインカムゲインに対して、株価が@400円前後×2,000株=¥800,000円の投資額(時価評価)。利回にして1.75%・・・。正直微妙。リスクとってるのに・・・という感はあるのだが、電鉄なんていうのは比較的「堅い」商売だからしょうがないのかもしれない。

今年に入り、YahooとSoftbankの株主になっているのだが(売るに売れず、塩漬けとも言う・・・大粒涙)、株主優待で携帯料金やネット接続料金を30%OFFにしてくれるなんかやってくれたら、すぐにでもボーダフォンやYahooBBへの乗換えも考えるのだが・・・。得てして自分に都合の良い「優待」はなかなかないのが現実だったりする。まぁ「優待ありき」で株式銘柄を選んでないからなのだろうが。

次はレストランでも探して、美味いものを食べさせてもらうとかもイイかも。北陸の店頭上場会社なんかでは「地酒」送付なんていうのもあったっけ・・・。

|

« PIXUS MP950 | トップページ | 2戦を終えて・・・雑感 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 株主優待:

« PIXUS MP950 | トップページ | 2戦を終えて・・・雑感 »