« DellでAthlon? | トップページ | PIXUS MP950 »

2006年6月16日 (金)

リタイアの理想

米国Microsoft社の創業者であり会長兼CSA(Chief Software Architect)のビル・ゲイツ氏が、第一線から退くそうだ。

2000年に既にCEOの座を禅譲してたけど、2008年を目処にCSA職からも退いて非常勤会長になるそうな。ビル・ゲイツったら、Microsoftの「顔」で、億万長者としても超が付くほど有名な人物。米国のForbesによる長者番付でも、総資産額510億ドルで、もちろんNo1。

510億ドルっていうと・・・

510億ドル×¥114.67/$(2006.6.16現在)≒5兆8481億円余

すごすぎ。

第一線からの引退後は、重要な案件に絞ってアドバイスする他は、「個人」で行ってるの慈善活動を中心に活動していくとのこと。流石に米国の金持ちはやることが違う。

総資産が約6兆円もあるのなら、その運用利回りだけでもすごい額になる。例えば5%で運用できたとすると、

6兆円×5%=3,000億円也

3,000億円だって、普通じゃとても使いきれない(当たり前だが)。それが毎年積みあがってくんだから・・・。(無論税金で半分以上もってかれちゃうんだろうけど、それにしてもね)。

彼の国では寄付金税制が日本より進んでるから、税金で持ってかれるよりも「寄付」した方が①損金控除でき、②篤志家として評価が高まる から、金持ちなら「寄付」した方がメリットが大きい。

それにしても寄付する規模が「大きすぎる」から本腰入れないと大変なんだろう。

ちなみにこの運用利回り5%って、日本じゃなかなか考え付かないほど「高利回り」に感じるかもしれないけど、海外じゃこんくらいは結構「当たり前」水準だと思う。長期国債なんかで運用すればこのくらいでまわるんじゃないのかな。日本ではあまりにも超低金利にならされちゃってるから、アレだけど・・・。保守的な運用をしてくれる欧州系PB(プライベートバンク)でもこの程度は提示してくれる(はず)。もしアクティブ運用もしてたら・・・(っていうか絶対にしてるんだろうけど)・・・。

それにしても、規模がスゲ~。

銀行員時代、自分の担当取引先への総与信額で約300億(欠けてたかもしれないが)。実は銀行員時代に、ある運用法人から運用を一任したいと誘われたのだが、そこでも運用資産は同程度以下だし・・・。銀行退職時には、ちょうど転勤で大型店舗に移る打診を受けてたから500億円くらいの規模を担当してたかもしれないけど・・・。

結構な大金を担当してたけど、それでもビル・ゲイツの年間のインカムゲインの1/10じゃん・・・はぁ(溜息)。

そんな仕事してみたいですね・・・。

今でも自分の資産運用してるけど・・・えっ金額?

・・・ぜんぜん話にならないですがなorz

|

« DellでAthlon? | トップページ | PIXUS MP950 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リタイアの理想:

» ビル・ゲイツ氏、Microsoft経営の一線から引退へ [企業レポ速報]
メルマガあり□マイクロソフトの創始者で知られる同氏は2008年7月より非常勤の会長として勤務します。ここまでコンピュータを発展させた人間として歴史に名だたる人間になることは間違いなく、今後は慈善活動に勤めていくとのことです。<参照元ニュース:インプレ... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 21:07

« DellでAthlon? | トップページ | PIXUS MP950 »