« ミチシルベ 11,000 | トップページ | アフターサービス »

2006年7月 4日 (火)

旅の終わりと始まり

昨夜の驚きの発表をテレビで見てから、概ね24時間が経とうとしている。

昨晩、地元のジムにて恒例の「自転車漕ぎ」をしながら、なんとなく報道ステーションにチャンネルをあわせた時、目に飛び込んできたのが

「中田ヒデ引退!!」

えっー!!!

まぢデスカ・・・

1-4で完敗したブラジル戦の試合終了後、ピッチに仰向けになって倒れこんでいる姿が印象的だった。

ここからは自分の想像(妄想)だが・・・

個人としてはベストを尽くしたつもりなのに、チームとして機能せず、結果として大敗を喫してしまった。個人の思惑・戦術がチーム全体としては共有できなかった。自分と同じレベルで考え、行動できる味方がいなかった(ないしは少なかった)。

こういった思いが交錯し、これまでの4年間過ごしてきた道程がフラッシュバックしているのだろうか・・・とその時は思っていたのだけど・・・。

個人的には、まだやれるだろう? とか、早過ぎてもったいない!! といった印象も持ってしまうのだが、何事も「引き際」というのが大事というのもある。

体力的にも技術的にも衰えた姿をいつまでも晒しながら、そして活躍のステージ/レベルも落としながら、いつまでも「現役」に拘っているのは・・・という思いも自分にはある。個人的にはスキージャンプの原田とかみたいに「現役に固執」する姿はあまり好きではない。

努力して、栄光の座についたら、ある程度のところで(衰えが見え始める前に)すっぱりリタイアする方が「格好イイ」。それに、余力を残していたほうが、そして惜しまれつつの方が、次へのスタートを切りやすいと思う。そのくらいの気持ちでいたほうが現役時代も絶対充実できるはずだと思う。言い換えれば・・・「太く短く」。

これからの彼の「旅」がどういったものになるのかも興味があるけど、目下の注目事項はNext「日本代表」の人選。監督もオシムになるらしいし、代表候補も顔ぶれが変わりそうな気がする。オシムの「走るサッカー」に最適そうな中田が引退してしまうので、監督も「惜しむ(寒っ)」

アホな話はさておき、タレント揃いのMFは中村、小笠原、福西、小野、稲本、松井・・・・。一見中田の「穴」はすぐ塞がりそうな気もするが・・・。惜しむらくはどれも線が細い気がする。中田のように孤高になってでもグイっと引っ張っていけそうなオーラが出ていない。これから4年間で彼らがどうなっていくのか、それとも新たな「突き上げ」がでてくるのか・・・。抜けたポジションを「こなせる」人間は今でもいるのだけど、完全に塞ぎつつ更なる「向上」がないと、次のW杯だって厳しい。

次なる中田の「旅」よりも、「代表」の「旅」のほうが前途多難になりそうな予感がする・・・。

|

« ミチシルベ 11,000 | トップページ | アフターサービス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の終わりと始まり:

« ミチシルベ 11,000 | トップページ | アフターサービス »