« 17,000クリア | トップページ | ガソリン高騰!!! »

2006年7月31日 (月)

還暦

Dc073010 今年はとってもメモリアルイヤーな感じがする。

1月は祖母が米寿を迎えることができた。この秋、10月には自分達夫婦が結婚10周年を迎える。

そして、この週末自分の父親が還暦を迎えることができたし、12月には母親も還暦。先月は義母も還暦と「記念日」が続いている。

父の還暦にあたり、妹と折半で今回旅行券を贈るとともに、懇意にしているフランス料理店で「特別に」テイクアウトで「特製弁当」を用意してもらった。個人的には別途ネクタイも贈った。総額にするとかなりの金額になってしまったのだが、「2度とない」記念だから奮発することにしたのだ。

生真面目な父らしく、皆で食事した後に「お礼」かたがた語り始めたのだが・・・

父の父、つまり私の祖父は60歳で亡くなっている。現職で中学校校長を務めているときに亡くなったのだが、そのとき父は30才手前あたりだったろうし、自分は3才だった。若い父は、祖父の早過ぎる死に困惑したろうし、「自分の子供が1人立ちするまでは死ねない」と決意をあらたにしたようだ。

自分が60歳になるまでは・・・、そして子供が1人前になるまでは・・・の思いのもと、健康に人一倍(神経質すぎるほど)気を使い、ようやく今日まで「辿りついた」という感慨もヒトシオだったのであろう。そういったことを訥々と家族の皆に語っていた。

父は60歳になった。

では自分は1人前になれているのであろうか・・・?

銀行を退職する前は、自分で言うのもナンだが、第1線でバリバリやってる自覚もあったし、事実営業成績もTOPであった。でも退職後はどうか・・・?

父親として、わが子の成長を見つめていける時間的余裕も持てるようになったし、面倒を見るようにもなっている。我が家の資産管理という「職業」も一応全体像を把握し、日常は「まわして」いけている。

でも何かが「物足りない」。JCの仲間達は、そろそろ代を引き継ぎ自らが「社長」になっていっている。そういう意味ではうちも遅かれ早かれ「世代交代」していくのだろう。じゃぁ自分が1人前か?と問うてみると、胸中は「???」。

仲間内ではしっかりしている様に見られているようだが・・・。こんな状態ではとてもとても、という思いもあって先日も所属団体の「理事」就任要請は丁重にお断りした。中田選手ではないが、「新たな旅」は依然終着駅が見えてこない。というか何処へ向かって彷徨っているのだろうか・・・。

今思えば、銀行在職時も「与えられた」仕事を「こなして」、数字を作っていただけなのかもしれない・・・。

とりあえず、娘達が成人して嫁ぐ迄、そしてまだ見ぬ(当たり前だが・・・)孫がある程度成長する迄、健康を保ちつつ、運用資産を「減らさない」こと、そして次世代に無事にバトンタッチしていくことを目標として一歩一歩進んでいくしかないのだろうかと、珍しく自問自答したりしたこの週末であった・・・汗。

|

« 17,000クリア | トップページ | ガソリン高騰!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/2869514

この記事へのトラックバック一覧です: 還暦:

« 17,000クリア | トップページ | ガソリン高騰!!! »