« 電話の契約内容No.2 | トップページ | 電話の契約内容No.4 »

2006年8月16日 (水)

電話の契約内容No.3

前回からの続き・・・

電話の通話料金って結構細分化しているということが、調べてみてはじめてわかった。なるほど、近年、電話会社が通話料金引き下げをしつつ、顧客争奪戦を繰り広げているのが理解できた(気がする)。普通に東西NTTで近距離、県外をNTTコムとかにしていたら「かなり割高」なんだとわかった。

プラチナラインでの通話料金体系は、全ての区分(市内~県外や国際)をNTTコムで固定(マイラインプラスで囲い込み)することによって、従量料金(通話料)を大幅に安くするというもの。市内電話は若干安くなり、県内市外通話は一律市内電話と同一設定だから大幅安。県外も一律15.75円/3分と明朗会計。通話時間帯に関係なく「一律」かつ「割安」な設定であることがわかった。しかも・・・

ボイスワープ(転送)とかダイヤルイン(ISDNでの2つ目のナンバー取得)とかの付帯サービスの移行や、FLET'S契約も問題なく移行OKとのこと。また、会社なので警備会社にセキュリティを任せているのだが、その通信回線としてもも対応可能なことが判明。これなら移行は問題ない?!

ひっかかるのはNTT東日本との関係。移行すれば営業担当者との関係が「ぷっつり」切れてしまう。長年お世話になってるし、面倒なことも対応してもらってきていたのだが・・・。オヤジもその辺一番気にしそうだし・・・。

そこで「ひかり電話」。自宅や実家ではこの5月から導入済みで、今のトコ問題は発生していない。「ひかり電話」ならNTT東日本」だしネ!!

改めて通話料金体系を調べると、日本全国一律で8.4円/3分と「激安」。基本料も安いし(そのかわりB FLET'S料金が加算)・・・。ホントならこれに1本化するのが一番良さゲなのだが、気になるのはやはり警備会社。

調べてみると、「ひかり電話」は未対応とのこと(涙)。停電中に異常事態が発生した場合、異常通報が警備会社に届かないから・・・という理由を聞いてわかった(ような気になった)。

現在警備会社と繋いでるIのはSDN回線。これをADSLでも利用してる一般公衆回線に切替える。その上で、ISDN回線をひかり電話へ切り替え。FLET'S ADSLは解約してB FLET'Sへ。

とすれば問題はクリアできそうなのだが、割安感は少ない。契約の結び方によって多少安くなりそうな感じもするし、各種サービスの移行がスムーズに行くのかとか、確認したい事項はいくつかある。

ここはやはりNTTの担当者が出社してきてからの話になりそうだ。

マンションタイプの進捗状況も確認もしたいしね・・・。

|

« 電話の契約内容No.2 | トップページ | 電話の契約内容No.4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/3071638

この記事へのトラックバック一覧です: 電話の契約内容No.3:

« 電話の契約内容No.2 | トップページ | 電話の契約内容No.4 »