« リチウムイオン電池 | トップページ | 夏も終わり »

2006年8月26日 (土)

コヤツ何者?

Simadojou 昨夏(ちょうど今時期)、我が家の娘達と近所の川でズブズブしたり、簡易的な仕掛けを使ったりして泥鰌や小魚(メダカサイズ以下)を採集して遊んだ。その後、一部を持ち帰り自宅の所謂M水槽(長辺35㎝サイズ)で1年間飼育したのだが、小魚/泥鰌ともは2㎝程度から6㎝程度の体長へ大幅に大きくなった。

採集当初、あまりに小さくて種類が何なのかさっぱり判別が付かなかったのだが、今見てみるとたぶん「オイカワ」なんだと思う。流石に小型水槽だからキチンと成魚サイズになってないので、特徴的な♂♀の婚姻色なんかでてないのだけど・・・。体型やサイズ的には、モツゴとかアブラハヤなんかも怪しいのだが、体側に横縞のラインがまったくないし、口ひげもないから違うだろう。そんで消去法的にはオイカワになる。成魚も同一箇所で目撃してるし・・・。子どもの頃はそこでモツゴ(所謂クチボソ)、アブラハヤ、オイカワを良く釣った記憶がある。

Simayosinobori1 今回、1年飼育したオイカワを同一場所に還して、もう一度稚魚を掬って来ようと突然(子ども達と)昨晩思い立った。善は?急げと、さっそく今朝(朝食もとらずに)娘2人と私で川へ直行。車で概ね20分、私の母の実家から歩いてすぐ側の「いつもの場所」へ・・・。途中セブンイレブンで購入したオニギリなんかもほどほどに、早速水の中へ・・・。

ところが

昨冬から今春にかけて、川底をさらう治水工事をしているので、川の形状が微妙に昨年と違う!

昨年見つけたポイントも見事に消滅している・・・くそっ。流れの速い「本流」しかなく、分岐して水が溜まっている浅瀬みたいな場所(ワンドのような場所)がなくなってしまった。これは残念。昨年はここで稚魚が取り放題だったのに・・・。

それでも良くみてみると、本流でも岸辺すぐの水深のごく浅い部分に稚魚がいた! 今年もまず仕掛けを投入してみるも「不発」・・・。理由はイマイチわからない。餌も仕掛けも昨年同一なのに。ワンドでは昨年「入れ食い」状態だったが、今年本流にしたのがイケナイノダロウカ?

採集を網に切り替えたところ、稚魚約20匹弱掬えた。そこで狙いを「泥鰌」にシフト。本流の砂地の浅瀬で「ズブズブ」したり、2人掛かりで追い詰めたりして昨年結構捕まえたのだが・・・今年はまったく見当たらない?結局泥鰌は成果ゼロ・・・残念!

Simayosinobori3 ところが、今年は思わぬものを長女が掬ってしまった。なんかハゼっぽいけど、きれいで派手。形状は昔釣ったドンコに似てる。自分は祖父から釣りを教えてもらい、よく連れて行ってもらっては魚名を教えてもらったのだが、その辺の魚種は結構あいまいだった。ボウズハゼとかチチブとかヨシノボリとか言っていた記憶が・・・。祖父も趣味が「海釣り」で「川釣り」は「アユ」「ヤマメ」「イワナ」系のみだから、近所の川で釣るのは孫である自分を連れて行くだけだったので、かなりその辺のトコは怪しいのだ。

急速に興味が湧いてきたので帰宅後ネットで調べてみた。流域やサイズである程度魚種は絞れるのだが、種の同定はなかなか難しい。それでも何となくめぼしが付いたのはシマヨシノボリ。顔の赤い模様が目印になった。参考にしたのはこんなトコのHP(リアルにもその博物館には年に1回くらい行っている。R1沿いで箱根の入り口近くにある県立博物館なのだが、展示が面白いので子ども達にも人気だ)。興味深くHPをみていたのだが、ひょんなことで我が家の泥鰌も種類がわかった。体の模様から判断して「シマドジョウ」のようだ。

Simayosinobori2 さて、採集した魚達を持ち帰ってきたのだが・・・一応途中で死ぬことも無く無事到着。さて入れ替えるか!と大きくなったオイカワを掬ってバケツに移したのだが・・・。バケツ内で何故か全部死んでしまった。1年間水槽内で死ぬことも無かったし、水槽の水をバケツに入れてるから水質の急変も考えにくい。何故だ?

いろいろ調べてみたのだが、オイカワは酸欠に弱いらしい。どうやら酸欠になってしまったようだ。これから折角川へ放流しようと思っていたに、とても後味が悪い結果になり残念であった…orz。

|

« リチウムイオン電池 | トップページ | 夏も終わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/3216081

この記事へのトラックバック一覧です: コヤツ何者?:

« リチウムイオン電池 | トップページ | 夏も終わり »