« 帰ってきたPIXUS950i | トップページ | new KISS・・・ »

2006年8月23日 (水)

いよいよ本番!

高校生を集めての「県議会」がようやく今日、本番当日となった。県下から総勢107名の動員計画であったが、概ね9割以上の参加結果であった。自発的に手を挙げての参加となった高校生議員ももちろんいる。でも、当初なかなか人数が集まらなかった為、教育委員会経由で各県立高校にそれなりの「圧力」をかけたので(笑)、いやいや参加させられた生徒もいたはずだ・・・(苦笑)。そうした状況を鑑みれば、今日の出席率はまぁまぁの水準に達していたのではなかろうかと自己評価している。

さて今日はまず午前中に本議会を開催したのだが、「各論は小委員会で検討」という方針を採択後に一旦散会して小委員会を開催。昼食後に本会議を再開し、各小委員会の検討結果発表後に知事に対する質疑応答を実施、最後に宣言文採択という流れであった。

我々スタッフは朝8:30に県庁集合後、会場設営→受付開始→担当小委員会へと休む暇も無く午前中が過ぎた感じ。昼食は高校生議員を食堂へ誘導後、昼休みの間に宣言文案の作成準備と印刷をするための手配をしたので、当然ながら「抜き」(涙)。そして午後本会議開催と共に、小委員会を開催した部屋の撤収作業含めた最後の準備をするという感じで、折からの「暑さ」もあり結構バテテしまった・・・大汗。

手弁当でやっている我々組織が主催した事業なので、今日これだけ頑張っても「報酬ゼロ」。どんなに事前準備に時間をかけてきても、当然一銭も懐に入らない。それどころか、各々が時間を「無償提供」しているため、会社的には「赤字」計算になる。

ただ、そういったボランティア作業も、参加し協力してくれた人間が笑顔で満足して帰ってくれると「報われた」感じがする。今回は県庁をはじめ県議会や県教育委員会、高等学校校長会などが共催/後援/協賛してくれたので「現役高校生」を多数集めることができた。そして、若さ溢れる彼らからの「新鮮な声」を聞く機会がもてたことは正直嬉しかったし、会議終了後に充実感を味わうことができた。

今後の県政に対して、彼らなりの政策提言や思いを県知事をはじめとする県当局にぶつけることもできたし、議会全体としては「成功」だったと自画自賛している。今回がはじめての試みであったことや、時間的制約も多かったこともあり、いろいろ不都合/不具合が生じていたことは否めないが、これは、今後「継続事業」化していくのであれば「ノウハウ」の積み重ねによってクリアできる部分もあるだろう。

反面、、残念に感じたたのは我々主催者側の一部の「だらしなさ」だ。

40歳近い「おっさん」が、群れ集って公共の場所(県庁庁舎内、議会会議場内)で大声で話している。高校生には「エレベーター使用禁止」を呼びかけ、最大12Fまで徒歩で階段を昇らせている真横で平気な顔をしてエレベーターを使用している(なかには歩くのが不自由な引率教員もいたのに、その教員は階段で上がってくれた!!)。朝の集合時間に顔を出さず、夕方終了間際に顔をだして記念写真だけちゃっかり写る。その他、気になる点はいくつもでてくるが、いずれも「身内の恥」ばかり。集まった高校生が見たらどう思うのか。他者からの「批判の目」を感じることができない「傍若無人」さ、自分は選ばれた特別な人間なのだという「大いなる勘違い」が目に付く。

当然ながら「スタッフ」として参加している我々はそんなことはしていないし、そんな悠長な時間は無かった。でもそうしたことを「組織の上部」の人間がしているのだから始末が悪い。こうした自覚の無さには毎度の事ながら幻滅してしまう。

地域→県→地方→国→世界と、大きな階層をもつ私たちの所属団体で、今回のは「県」の事業。「県」含め上部組織へは「各地域からの出向」の形をとっている。次年度の「地域」の理事職の誘いを受けたが先月断った。そうしたら「日本」の副会頭の「御付」職の打診が・・・。そして「県」への出向などの打診も既に来ている。いずれも全て「断って」いるのだが、そうした背景は「上に立つ人間の自覚の無さ」が垣間見えてしまうこの組織への不満からだ。

会社(銀行)に勤めていたときと異なり、なかなか「これは」と思う人物に巡り合えない。無償のボランティアであればこそ、リーダーには「それなり」のものを求めてしまう自分がいるのだが、まさしく「A Few Good Men」。「こいつなら担いでやりたい」と思える人間がいるなら、少しは頑張れるのだがねぇ(ぼやき)。イチローしかり、中田しかり、他者への要求が厳しくても、それ以上に自らを厳しく律している人物なら、皆が付いていくだろうし、事業は成功する確率が高まる。

そうしたことを、「地域」の仲間に常日頃言っているのだが、「お前がリーダーに立てば・・・」という言葉しか帰ってこない。只、自分がそうした立場に向いた人間でないことは自分が一番わかっているし、どちらかといえば「補佐」的な裏方のほうが向いていると思う。何事も、「分」をわきまえるのが一番大事だと思っているのだが、己の「分」を超えた役職をやりたがる人間が多いのには閉口気味だ・・・orz

じゃあ、なんで退会しないのか・・・。入会にあたり紹介者となってくれた人たちへの義理という面も多いが、やはり「A Few Good Men」を探したいんだなぁ・・・。数年に、もしかしたら40歳の卒業時までに1人かもしれないが、そうした人間と知り合えたら、これまで巡り合えた「Good Men」と併せて、自分の残りの人生にとって貴重な財産となると確信しているからなのだ。巡り合うためには、視野を広げる(外に出る)必要も逆の意味ではわかっているのだけどねぇ・・・。なかなか踏ん切りがつかん。

|

« 帰ってきたPIXUS950i | トップページ | new KISS・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/3182609

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ本番!:

« 帰ってきたPIXUS950i | トップページ | new KISS・・・ »