« コヤツ何者? | トップページ | 照明器具の故障 »

2006年8月27日 (日)

夏も終わり

Kabuto_1 早いもので8月も、もう27日。次の週末はもう9月だし、子ども達も次週からは学校が始まる。娘達の通う小学校は2学期制を数年前から導入しているため、学校は8/30からStartなのだ。通常の3学期制の学校に通う子ども達を含めても、(一部北部の地方を除いて)今日が夏休み最後の週末であったことだろう。

最後の休日くらいどこかに連れ出してやろう・・・と思っていたのだが、生憎昨日今日と仕事が入ってしまった。空室となっていた賃貸物件全2室共にオファーが入ったのだ。いずれも新婚さん。どちらも10月から新たな家庭を築くに当り、新居を早めに押さえておこうということのようだ。うちの物件はいずれも3DKのファミリータイプだから、こうした入居者が相対的に多いのもある。ともかく、空室期間が実質3ヶ月間で全て「満室」となったことは有難いことだ。ここ10年統計的にみても、住居系は入居率が95%近い。銀行員時代にアパートローンを審査する際、空室率は25%を想定していた。ウチは立地に恵まれていることもあり、建築後15年以上の物件ばかりなのに空室率5%弱なのだから、まずまずといったところなのであろう。

Hasuのっけからの余談はさておき・・・

契約自体は各々1時間チョイで終了。拘束時間は多くみてもせいぜい2時間というところだ。今日はAM10:00からの契約ということもあって、午後からはフリー。そこで、疲れ気味の妻を残して、娘2人を連れて出かけることにした。

昨日の続きで、「ヨシノボリ」採集という意見(長女)も出たのだが、流石に2日続けてでは芸が無い。次女は昨日もやったので嫌という感じだったし・・・。

そこで、先日親戚から教えてもらった公園に行くことに。市で管理している「金目親水公園」というところだ。何分初めてなので(しかもナビにはでてなかったorz)、やや心配したが事前にHPで確認していたことや、ある程度の土地勘があったことも奏効し、なんなく現地着。

う~ん、田舎。周囲は水田ばっかり。親水公園というだけはあり、大きな池があるのだが、それ以外は通常の公園と同一であった。次女はひとしきり遊具で遊んでいたのだが、長女はセミ採りに夢中。薮蚊に刺されまくりながらも木立の中に入っていっていた。

Zariしばらく遊び、流石に飽きてきたようなので公園を出て水田を散歩。目指すは農業用水路。子どもの頃よく捕まえた記憶があったので行ってみたのだが、やはりたくさんいた!!

そう狙いは「アメリカザリガニ」

よくザリガニ採りというと”スルメ”なんかを使っての「釣り」をイメージする人が多いようなのだが、自分は幼少の頃より「網で掬う」ものだと思っていた。それはいつも、こうした用水路とか川など「流れの強い」場所で採集してきていたからだ。

Yousuiro 農業用水路自体は幅約1m弱、深さも同程度と思われるのだが、時期もあり、水は満水かつ流量たるや凄い。かなりの速さで流れており次女は結構ビビッていた。それでもザリを見つけると興奮気味に「あそこ」「そこ」と指摘しはじめ”のって”きた。長女は夢中になって網を突っ込んでいたのだが、なれていないこともあり、なかなか捕まらない。

自分が数回「熟練の技」(爆)を見せつつ数匹GET、「究極奥義」を伝授した(謎)ので10匹近く捕えたのだが、すでに1年×2回飼育しており「飽きて」いるのと、収容場所もないことから、帰り際にリリースした。ちなみに、この究極奥義は「一子相伝」ではないから、子どもが2人いる我が家でも問題ないことは言うまでもない・・・(大汗)。

試しに「手で持って、水路に放してご覧」といったら、長女曰く「怖い」とのこと。

Simai 「鋏まれて痛い思いをしながら覚えるもんだ」と言ったら、数度の失敗の後掴むことに成功。以降コツがわかったようで、立て続けに捕まえては水路へ逃がしてしまった。そこで怒ったのが次女。「自分だけズルイ」。長女のやっている様を観察していたようで、すぐに(怖がりもせず)ムンズと掴んでしまった。

・・・。

「摘んでは投げ込み」を凄い速さで繰り返しやってのけたので、思わず長女と目を見張ってしまった(笑)。

こうして、最後の休日の午後を満喫してくれたようなので、自分としてもほっとしてしまった。ホッとしすぎて、帰宅後、夕食までの数時間つい爆睡してしまった・・・。流石に自分も連日で疲れが溜まっていたようだ(滝汗)。

|

« コヤツ何者? | トップページ | 照明器具の故障 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/3227168

この記事へのトラックバック一覧です: 夏も終わり:

« コヤツ何者? | トップページ | 照明器具の故障 »