« Socket478 | トップページ | 10周年 »

2006年10月 4日 (水)

特別金利

石原都知事で有名な「新銀行東京」。名前が面白い。「株式会社 新銀行東京」って・・・。固定観念かもしれないのだが、銀行の名前って「●●銀行」のように「銀行」が後ろにくっつくモノだと思ってたのだが・・・。

その新銀行東京だが、つい先日(9/29)まで開業1周年記念金利キャンペーンなるものをやっていた。5/15からやっていたようなのだが、恥ずかしながら気づいたのは9月の初め頃。具体的な金利は、
1年:0.5%
3年:1.5%
5年:1.7%
だったと思う。1年ものの金利は別段目を惹くような内容ではない。そのくらいのレートならネット銀行系で探せばありそうだし、大口(5,000万円超)なら大手都銀でも店頭表示金利にプレミアを乗せてその程度の金利を提示しそうな気もする。(まぁそんな金はないのだが・・・orz)

ポイントは「中途解約」の取り扱い。中途解約は「原則不可」。万が一「中途解約」するときは「利息ゼロ」になるそうだ。

もろもろ鑑みると、3年モノの「お得感」が一番大きいように感じる。3年モノ定期でそこまでの金利がつく商品は探してもなかなかないし(っていうか自分は知らない)、3年と5年の差はたった0.2%。5年間塩漬けにしとかないと金利ゼロになってしまうが、長期的な金利の動向も不安だと感じるし、5年の間に何らかの資金需要が発生する可能性もあるから、5年ものは避けたほうがベターと感じた。

そんなわけで、3年もの定期を作ってみようと思ったのだが・・・無論今まで取引したこともないから「口座」自体がない!!

そこで普通預金の新規作成から始めることにした。事前にTELで問い合わせたところ、口座開設を郵送で行った場合2~3週間かかるとのこと。その後ネットバンキングの契約がさらに1週間前後かかると聞いて焦った。何しろ「時間がない」。

結果的に、全てそろったのは9月の最終週。9/28付で定期をネット経由で作成することが出来たのだが、うっかり「期間」を間違えて作成してしまったことが判明

ところが、取引の「取り消し」がネット上では出来ない!! さて困った。これでは、なんの為に口座を開設したのか・・・ということになってしまう。ダイレクトバンキングセンターへ問い合わせたところ「取引店=本店=丸の内」へ行けとの回答が・・・

9月も月末営業日なのにムリっつうか・・・。とりあえず取引店にTELして相談すると、郵送での対応をしてくれることになったのだが、いったん当該定期を「解約」して再度「新規」作成するオペレーションらしい。書類が先週末届いたので、早速記入して返送したところ、10/3付で手続きしてくれたようだ。キャンペーンの期日は過ぎていたけど、金利自体は「キャンペーン金利」を適用してくれたし、良かった×2。

期日過ぎても「特別金利」の適用なんて「特例扱い」をしてもらった人間なんて、そうはいるまい(実は恥ずかしい話なのだが・・・)。

|

« Socket478 | トップページ | 10周年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別金利:

« Socket478 | トップページ | 10周年 »