« 延命XP | トップページ | Vista発売開始 »

2007年1月29日 (月)

エクスタミン

Extamin_big 昨日、地元の熱帯魚ショップが特売(月に2回)だったので行ってきた。いつもは、特定の商品/魚種についてのみ、個数/匹数限定で安売りをするのだけど、昨日は「全ての生体」について30%OFFとのこと。

最近、生体は銀座/An aquariumでばかり、専ら購入していた。”水草水槽でドワーフシクリッド+小型美魚の混泳”をここ数年のテーマにしており、ドワシク(アピストグランマ)やテトラの種類についてはコダワリたいからだ。所謂珍種というか・・・入荷自体が珍しい魚種は、地元のショップのような「地方店舗」には悲しいかな入ってこない。入ってきても1ペアのみ等で「選別ができない」状態だ。だから、遠くても銀座まで行かざるを得ない(悲)。

さて、昨日購入した生体は・・・
ヤマト沼エビ、オトシンクルス(並)
・・・コケ退治用の生体だ。

どうも最近コケが多いので、生物兵器を投入しようと考えたのだ。こうした一般種ならどこにでも揃っているし、他に買いたいモノもあって、久々に地元ショップへ出向いてみた。

そこで生体以外に購入したものは・・・Marfied社が販売している「エクスタミン」という溶液。藍藻抑制剤とのフレコミで販売されているのだが、どんなもんなのだろうか。今藍藻に悩まされているので、藁をもすがるという心境もあるのだけど(苦笑)、試してみたくなっての購入だ。なんとなくの想像では、強酸性の液体をかけて藍藻を「殺す」のだろうと思うのだが・・・。

購入してきたこのエクスタミン、さっそく昨晩封切ってみた。取説を読むと、
「pH6.5の60cm規格水槽にて、5ml」「効かなければ、pH低下に注意しながら再度繰り返す」
との表記が・・・ということは・・・

やはり強酸性なのか・・・

我が家はpH6前後にしている為、環境的には更に厳しい。表記に忠実に従うと5mlどころか数mlレベルになってしまう。いくらなんでもこれじゃ効かないでしょ・・・

ということで、
5mlを3回試してみた(笑)。

無論pHはヤバい水準になってしまうので、換水対応・・・。さて結果は?というと・・・

「一応効いてるみたい」な感じ。とてもじゃないが「5ml×3回」じゃ、全体に散布できないため、局所攻撃なのだが、今朝確認したところ散布した場所はOKぽい。pH変動に弱いヤマト沼エビなんかも☆になってしまったのはゼロ。なかなか優秀デンガナ。

じゃあ、今日もやってみるか・・・と思い水槽を注視すると・・・

あちゃぁ・・・

Apビタエニアータ(RioNapo)の赤ちゃんがまた浮上してるよ・・・。その数概ね50匹弱。♀が最近まっ黄色だったので「アヤシイ」と思っていたのだけどネ。混泳なので生き残れるかどうかは不明なのだが、何も今強酸性溶液を投入するなんて自殺行為はしないほうがいいだろう。

子どもが生まれて嬉しいような
新兵器を試せず悲しいような

・・・微妙な感じだなぁ。

|

« 延命XP | トップページ | Vista発売開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/5125195

この記事へのトラックバック一覧です: エクスタミン:

» 家電リサイクル法 [生活に役立つ情報 ]
[続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 21:58

« 延命XP | トップページ | Vista発売開始 »