« DDR2メモリ値下傾向 | トップページ | Point制についての考察 »

2007年2月13日 (火)

AMDの値下に思うこと

Athlon64X2が、更に値下げする発表が12日にあったようだ。日本語のわかりやすい記事はコチラ参照

Athlon 64 X2 5600+ :2.8G/326米ドル
Athlon 64 X2 5400+ :2.8G/267米ドル
Athlon 64 X2 5200+ :2.6G/232米ドル
Athlon 64 X2 5000+ :2.6G/222米ドル
Athlon 64 X2 4600+ :2.4G/195米ドル
Athlon 64 X2 4200+ :2.2G/159米ドル
Athlon 64 X2 3800+ :2.0G/113米ドル

抜粋すると、こんな感じ(のはず)。正確にはリンク先参照。
最大で45%のプライスダウン、ミドル(ハイ)レンジで人気がありそうな5000~5200クラスで約20%のプライスダウンと「大盤振る舞い」な形?

実態はそうとう厳しそうに見受ける。

・・・というのも、4/22からライバル会社であるIntelが主力CPU(Core2シリーズ)を値下げ予定だから。IntelはCPUで圧倒的なシェアを誇ってるし、Core2シリーズのCPUは価格性能比/発熱量ともに優秀なので、Athlon64X2にとっては”遅れてやってきた強敵”の位置づけ。後発でありながら人気があり、急速に広がっている「Core2」陣営が数ヵ月後に更に安値攻勢をかけてくるのだから、マイナーなAthlon64X2陣営は更に先行して値下せざるを得ない状況だ。

ちなみに・・・Core2の価格は
Core2DuoE6700 :2.66G/316米ドル
Core2DuoE6600 :2.40G/224米ドル
Core2DuoE6400 :2.13G/183米ドル
Core2DuoE6300 :1.86G/163米ドル

となるらしい。

昨夏このBlogに書いた(ココ参照)けど、E6600とほぼ同性能と思われる5000+の価格を比較してみると

Athlon 64 X2 5000+ :2.6G/222米ドル
Core2DuoE6600 :2.40G/224米ドル

・・・やっぱり(笑)、意識してるねぇ

今の為替レートが1ドル=120円くらいだから、

Athlon 64 X2 5000+ :2.6G/26,640円
Core2DuoE6600 :2.40G/26,880円

240円お安くしてます!!! って感じなのだろう。
ようやく65nmプロセスにシュリンクできて、発熱量でもCore2陣営に肩を並べつつあるのだけど、ここのところどうしても
Intelが先行→AMDが(体力をすり減らして)漸く追いつく
という形になってしまったようだ。1年前までは逆だったのにねぇ・・・

個人的に「AMDの魅力は?」と考えると、
1)同価格のIntel製品対比での能力が優れている
2)Intel製には無い+αな能力

が挙げられると思う。過去に人気のあった時期のAthlon、AthlonXP、Athlon64、Athlon64X2は、同世代なPentium!!!、Pnetium4、PentiumDと比べて、1)ないしは2)の条件を満たしていたと記憶している。メジャーなIntel製品を選ばず、敢えてAMD製品を選ぶのには、それなりの理由が必要だからだ。

能力的に(ようやく)肩を並べている状態で、価格メリットもほぼ無い状態では、マイナー陣営は市場での競争上どうしても不利だと思う。

まして、Intelの値下げの理由が
「更なる高性能CPUのリリースに伴う既存製品のリプレイス」
なのだから、「AMD、これからしばらく厳しいねぇ・・・」と思ってしまう。

64bit環境が急速に進展すれば、とか、Quadコア(Dualコア×DualCPU)を最大限に活かせるアプリが市場に溢れれば・・・なんていう状況がこれから直ちに訪れれば、Core2との差を明確に打ち出していけるのだろうケド、そんな状況にもなさそうだし・・・

ここ数年、しばらくIntelが同様に厳しい状況だったので、世代の交代と共に主導権が移った形なのだろうケド、もともとの企業規模(体力)が違うから・・・

Intelが高速/安価なCPUを大量に供給してくれるのも、AMDというライバルがいればこそ・・・という面は絶対にあると思う。市場を寡占している場合、競争が働かないのだから、技術革新もへったくれもありゃしないんだし(笑)。

難しい技術的なところはよくわからん(爆)のだけど、AMDも早いトコ”K8”から抜け出して次世代へ移っていかないと(Intel対比で1.5世代くらい先行していかないと)、苦しい現状を打破できない気がする。

というわけで、そろそろX2ではないブランニューなヤツをリリースする予定はないのですかねぇ?>AMD様?
今のトコ、Intelは(結果的にだけど)安値攻勢を掛けてくれてるけど、このIntel有利な状態が続いていくと、またぞろCPUが高値安定しちゃう気がする。中古で売る分にはその方がイイんだけどもね。

・・・ところで、5000+の値段もさりながら、約2万円となる4200+の価格も”むふぅ”だなぁ。もうすぐ2年経つ会社設置マシンがAthlon64プラットフォームなヤツなのだが、X2非対応なM/Bを使っているのがツクヅク惜しまれる。くそっ、nForce4にしときゃよかったゼ(泣)。
当時、安定感をとってVIAをチョイスしたのが裏目に出てしまったんだなぁ。
3000+/A8V-E-DX → 4200+/適当なMB とした場合、中古売却なんかで差金決済する形にしても追い金約20,000円也・・・か。正直微妙だけど、DDRメモリ縛りがあるのでCore2Duo化は難しそうだから、ソケット939でX2化が現状最もCPが優れているように思える。
更に約5,000円安くなるX2-3800+でも、現状よりかは大分マシになりそうなのだけど、2年越しの更新ならモデルナンバーで+1000以上は欲しいトコロ。また、シングルコア版3800+ならイイトコ5~6千円の追加負担だろうケド、それじゃ体感速度は今一歩そうな感じが想像できる。

むはは・・・悩ましいね。いっそDesktopは廃止して、遊軍扱いなAW6(ノート)を会社使用のメインに昇格させちゃうのが正解な気もしてきた(→多分コレが一番の正解と思われ)。

|

« DDR2メモリ値下傾向 | トップページ | Point制についての考察 »

コメント

今日は書き込みできるかな?

AMDのCPUは基本的に好きです
でも、自作してるころに一度も積んだ事ありません・・・
結局いつもIntelになっちゃうんだなぁ
アスロンXPくらいからAMDのほうが好きだったんだけど

最近じゃAPPLEもインテル製になってしまったし
一時期はAMDって話もあったんだけど
AMDには頑張ってIntelの尻を叩いて欲しいものです!

投稿: KENDI | 2007年2月14日 (水) 10:37

kendiもといKENDI。さん(笑)。
そちらのBlogコメントにも記載した通り、不具合はcocolog-freeのサーバー負荷増大が原因のようです。ご迷惑をおかけしましてスミマセン
m(_ _)m

ホントAMDには頑張って欲しいですよね。Win-telと呼ばれていた時代、自分もMac+Athlonっていうプラットフォームが次世代で生まれると思ってました(笑)。
X2一人勝ちの頃のようにAMDが強すぎちゃうのもアレですけど、うまい具合に競合しつつ、若干AMDのほうがパワフル・・・なんていう状態が一番望ましいのですが(爆)。
私のAMDは、XPは発熱量でパスした口ですが、現行K8で(Prescottoにがっくりして)1台導入しました。本文中に書いたとおり、X2に移行できず、メモリ縛りからAM2/Core2Duo移行もままならないという、現状では困ったチャンなのですが(泣)。
他の趣味に金を喰われるので、サブ以下のPCにそれ程予算取りできないのが悲しいですね。

投稿: flipper@管理人 | 2007年2月14日 (水) 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/5327715

この記事へのトラックバック一覧です: AMDの値下に思うこと:

« DDR2メモリ値下傾向 | トップページ | Point制についての考察 »