« 続、メモリスティックDuoを・・・ | トップページ | ’07運動会 »

2007年9月21日 (金)

DV 番外2(BCN編)

今日たまたま目にしたBCNランキングの記事
HDD記録型が4割を突破、フルHD化進むデジタルビデオカメラ市場に大きな変化

数日前にデジタルビデオを購入したばかりですから、つい気になって記事を読んでしまいました。
まず最初に説明ですけど、このBCNランキングとは・・・
「全国のパソコン専門店や家電量販店など23社・2200を超える店舗からPOSデータを日次で収集・集計しているPOSデータベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで115品目を対象としています。」
(同サイトより抜粋)

自分も(たった数日間だけど)悩みまくって決めたので、売れ筋=他人はどういったものを選んでいるのか?という点はやっぱり気になります。小心者というか、典型的な日本人というか(苦笑

にほんブログ村 PC家電ブログへ←ランキングが厳しいデス
確認がてら、是非、クリックしてみてください。

m(_ _)m

内容は・・・リンク先の記事を参照されるとわかるのですが、掻い摘んで書くと、

・記録媒体は5月を境にDVD⇒HDDへと主流が移行
・HDDのシェアは現状
4割超!!
・かつての主力miniDVテープは現在15%迄後退
・直近ではSDカードも躍進・・・松下新機種発売絡み
・メーカー別では
SONYが安定して4割超をキープ
・ここのトコPanaが伸びてきて、シェア2割程度の2位

といった感じですかね。
店頭で感じたイメージと大体かぶるなぁ・・・というのが感想です。

Panasonicは8月にSD5、9月にSD7と新機種を投入してきています。Newモデルだから注目度が高い=売れている・・・という図式もあるのでしょうが、価格面のメリットも大きいのではないのかと想像しています。
同じくメカレスなSONY/CX7と比べて、PanasonicのSD5は本体(表示)価格で概ね1~1.5万円安いです。その上、必須になるメディアですが、SD5/7には標準で4GBのSDカードが付属しますけど、CX7ではMSProDuoは「別売」です。容量を4GBとして条件を揃えた場合
量販店価格で約1万円のコスト高になる計算ですね。そうなると都合2~2.5万円のUPになるってワケで・・・
⇒直近1週間ではSD5がシェア11%の2位に対し、CX7はシェア約1%の19位と惨敗です(苦笑
個人的に店頭で交渉していた際の感触でも、
・SD5の方が値引きの原資がありそう(バックマージンのからみがあるのだろうか・・・)な発言を数店舗で耳にした
・店頭価格もSD5は安いし、さらにサービス品の用意も・・・
・CX7は値引きがキツイんですよねぇ・・・との発言も。
ということで、↑の(Panaが好調という)直近シェアのデータは思わず首肯してしまいました。

記録媒体については・・・
HDDが4割というのも、何となくイメージ通りな感じですかね。店員さんにヒアリングした際も「売れているのはHDD」との発言もありましたし。
容量の喰うハイビジョンタイプが増えるにつれて、メディアも小容量なDVDから大容量なHDDへと移行したということなんでしょう。8cmDVDは1層で1.4GB、比較的高価な2層メディアでも2.8GBですからね・・・
先日、妹にDVカメラ選びで悩んでいるといった話をしたときも、「自分ならHDD方式」と言ってました。メディア交換をする必要が無く手軽に運用できる点が一般的にはイイのでしょうかねぇ・・・

メーカーシェアでは・・・SONYがTOPシェアな理由はなんとなく想像がつきます。
同社はminiDV/DVD/HDD/MSと幅広い記録媒体ごとの商品ラインナップを揃えています。これだけ幅広いメディア対応の商品展開をしているのは同社だけでしょう。
全体として一番売れているのはSR7だそうです。これだけでシェア14%!!
3位も同じくSONYのSR8で約10%ですから、SONYのHDD機だけで全体の約1/4のシェアの計算に・・・凄いですねぇw

しかし・・・自分の選択が全体の1%だったというのは若干アレですね(苦笑
決してメジャー志向ではないのですが、そうかといってマイナー志向でもないので・・・
もっとも、CX7は現在発売されている機種の中から消去法的に選んだだけですので、低い順位になっているのは「必然」なのかもしれませんけど。

HDDは故障が怖く、万が一HDDがOUTになった場合には本体ごとの買換が前提になる。
⇒だから駆動部が無いフラッシュメモリにしたい

・・・というのは、まだ余り主流な(一般的な)考えではないんですね。

興味深いなぁと思ったのは、価格comのビデオカメラの人気ランキングです。
現在首位はSD5、2位がSD7と続いて、3位がCX7と偶然にもフラッシュメモリ機が表彰台を独占している格好です。
どうも価格comの人気ランキングは実態と乖離しているのかもしれませんね。(もしくはマニアックな層の人気が反映されすぎているのかも・・・)
ちなみに価格com人気1位のSD5の最安値は9.1万円の表示がついています。・・・が、実際連休中に量販店で交渉していた際には、SD5はスペアバッテリ付で一声で10万切ってました(実際に買うとなれば更に・・・)。多分、価格comの最安値以下で入手は可能だったと思います。
それに引き換え、CX7は同板で8.7万円の表示が出ていますけど、量販店での実際の値引きはかなりシビアでしたし、店頭表示価格もCX7>SD5でしたから、「?」な感じがしています。

今はマニアックな人気?のフラッシュメモリ式ビデオカメラですけど、数年後はまた違う状況になっているんじゃないのかなぁと思ってます。
SDHCやMSProDuoも更に大容量化/高速化が進むでしょうから、現状のHDD(32GB程度)と同じくらいの容量は安価(今の8GB品程度の価格)で調達できるようになっている”かも”しれません。
それに、もう少しSSD(ソリッドステートドライブ)が安くなってくれば、いずれHDD⇒SSDへと切替がされてくるような気もします。
SSDならHDDより故障率は低そうですし、個人的には心惹かれる部分もありますが、やはりメディアはBODYから切り離したい(リムーバブル)のが個人的な要望ですので、SSD方式は買わないだろうなぁ・・・
本音ベースでの希望は、CompactFlashだったりします。CFなら、SDカードより頑丈ですし、大容量/高速化もSDカードより先行しています。SDカードより大型になってしまうのはネックなんでしょうけどね。全般的にはCF⇒SDへと市場の主流は移って来てますから、CFを敢えてチョイスというのは「時代に逆行」した考えになると思いますので、まず実現はしないと思いますが(苦笑

ただ、次に自分が買い換えるのは、少なくとも5年より先の話になると思います。販売店の保証期間だって5年ありますし、現有のminiDV機は10年現役でしたから。
でもそうなると、次女も中学校に入っている可能性も大きいです。となると、既にビデオカメラのニーズもなくなっているかもしれません。
つまり、今回購入したCX7が私の最後のビデオカメラになるのかもしれないということに、たった今気付きました。

しまったぁ!!

・・・そこまで考えていなかったです(大汗
もう少し考えて買えば良かったのかなぁ・・・

←こっちも同様にネ・・・お願いします!!

|

« 続、メモリスティックDuoを・・・ | トップページ | ’07運動会 »

コメント

いやぁ〜今日のはエライ長文ですね(笑)
まだまだやる事が多いので流し読みになっちゃいましたが(笑)
このネタは、オレには難しいです・・・

すっかり遅くなっちゃいました!!
今日仕事が終わってからのポチになりそうだったのですが
まさかの停電で、帰っちゃいました・・・

さきほど、後輩にお願いします(笑)
それとWでいっときます

投稿: KENDI. | 2007年9月22日 (土) 22:29

>KENDIさん
いや、いろいろ気分の趣くままに書いてたら、エライ量になってますね(大汗

休日のW、無茶苦茶助かります!!

投稿: flipper@管理人 | 2007年9月22日 (土) 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/8048248

この記事へのトラックバック一覧です: DV 番外2(BCN編):

« 続、メモリスティックDuoを・・・ | トップページ | ’07運動会 »