« iOS4.3へ | トップページ | 長蛇の列 »

2011年3月13日 (日)

ダイキン 3兄弟(笑)レビュー2

前回のエントリダイキン 3兄弟(笑)レビュー1(2011.3.10)の続き。
今回はACK55L-Wについて。

75Jと75Lが(直接の後継関係ということもあって)外観含め”ほぼ同一(一部劣化)”だったのに対して、55Lは”全くの”別物”という認識です。似ているのは「価格帯」だけですね(汗

75シリーズがMax28畳まで適用なのに対し、55LはMax23畳。そのかわり、55Lは「加湿」機能も付属しています。空気清浄機能「のみ」しか使わなくても75Lとの消費電力が1W”しか”違わない(風量は2㎥/minの差)のは、個人的にはちょっと謎(燃費が悪い?)なところです。

にほんブログ村 PC家電ブログへ←W援護をお願いします!!
m(_ _)m

外観を正面からだけ見ると、55Lはエッジが取れた丸っこいフォルムなこともあって比較的小振りに「見えます」。実際には・・・

高さ*横幅*奥行
75L:576*403*241
55L:585*370*270

・・・で、やや「のっぽ」。奥行はたっぷりあるので「ずんぐりむっくり」した感じです。空気清浄ユニットに加えて、加湿ユニットも組み込んでいるのですから、ある意味首肯できるところではあります。

肝心の「空気清浄」ですが・・・
フィルタは何と1個しか付属しません。その1個が公称”10年”の効果持続期間とされているワケです。ところが、よく仕様を読むと、「タバコを1日5本の環境で・・・」とあります。75シリーズでは基準が「タバコを1日10本」としていますから、そちらに合わせた場合には、フィルタ寿命は5年に短縮!! ちょっと言葉のマジックのような感じもしますので、せめて同一メーカー内ではそのあたりの表記は整えて欲しいところでした(^^A

個人的には「おまけ」の「加湿」機能は・・・
スチーム式ではなく、「気化」式の加湿になるので、「温風」は出てきません。加湿器で気になる消耗品の”フィルタ”ですが、こちらも10年が交換の目安のようです。
普段、気化式とスチーム式の2種類の加湿器を使用している私としては、専用加湿器で毎年交換必須なフィルタが、55Lでは何故交換不要になるのかがよく理解できないです(汗
フィルタの漬け置き洗浄が月1の頻度で必要としているのが、10年交換不要のミソなのかもしれませんね。

<所感>
既に加湿器は所有しているので、当該機種の加湿機能はほぼ使う機会はないかも・・・。空気清浄機能についていえば、フィルタ寿命は正味5年と考えると、75”L”と同時期に交換用フィルタの手配が必要そうですね。(汚いフィルタを5年”も”使い続けるのにはやや抵抗感がありますけど・・・)
それと、75シリーズのようにリモコンそうさではなく、直接本体スイッチでの操作になるところも、好みが分かれるところかもしれません。
自分の使い方を考えると、(金額も大きさも大差ない)75シリーズにしておいた方が良かったかも(大汗

にほんブログ村 PC家電ブログへ←念のため、もう1回づつ!!
m(_ _)m

|

« iOS4.3へ | トップページ | 長蛇の列 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/39182447

この記事へのトラックバック一覧です: ダイキン 3兄弟(笑)レビュー2:

« iOS4.3へ | トップページ | 長蛇の列 »