« 2種類のスパイク受け | トップページ | リストラクチャリング »

2011年10月30日 (日)

FC店と直営店

BOOKOFFはわが街に3店舗あり、売却/購入の両面で3店とも時折利用しています。数日前にも、5-10年位前に発売された古いCDを計2店舗で購入しました。その際にいただいたチラシが今日のネタです・・・

そのチラシを見た娘が、自分のDSソフトを売却したいと言い出しました。ゲームは全てクリアしたし、ちょうど高値買取商品(3千円)に指定されているから・・・だとか。

娘と出向いた近所の店で提示された金額は、なんと上記の金額の6掛け。そのときにチラシを持ち合わせていませんでしたが不審に思い問い合わせたところ、「買取額は毎週変動」「ゲームはすぐ落ちする」「購入時の新品価格でも3千円位では?」「もしかするとその金額は特別版用かも、本品は通常版なので・・・」とのこと。店員さんの説明を信じて、娘は商品を売却しました。

帰宅後、チラシを探し出しましたが、やはり間違いなく「通常版が3千円」と記載。ちなみに、新品価格は通常版で約5千円でしたが、購入自体が暫く前なので購入価格自体も調べ直すまで失念してたとのコト。

「何かおかしい」と娘が相談してきたので、再度同店へ。顛末を説明し、チラシも見せたところ、応対してくれた店員さん曰く、「BOOKOFFには直営/FCの2種あり、当店はFC店、当店以外は直営店」「FC店は価格設定が直営とは異なる」・・・そうデス。

事情は理解したものの、直営とFCの差があるのなら、予め色々な方法で顧客にわかりやすく周知して欲しいですし、そもそも店の看板にもFC/直営を明記して欲しいなぁ・・・と。最初の店員さんの説明もトンチンカンで、2回目の店員さんのような説明だったらすぐ理解できたのですけどネェ(^^A

にほんブログ村 PC家電ブログへ←W援護をお願いします!!
m(_ _)m

|

« 2種類のスパイク受け | トップページ | リストラクチャリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/42743491

この記事へのトラックバック一覧です: FC店と直営店:

« 2種類のスパイク受け | トップページ | リストラクチャリング »