« 更新も大事 | トップページ | FC店と直営店 »

2011年10月29日 (土)

2種類のスパイク受け

先週末から我が家のリビングに鎮座しているPioneer製スピーカー:S-71ですが、(床面と接する)下部にスパイクが計5本付いています。背面に向けて幅が窄まっていくような形状をしたスピーカーなので、メーカー側の説明によると本来のスパイクは3点支持とのこと。後部の2本は、転倒防止の”補助”用らしいです。それ故、スパイクに咬ませるスパイク受けは(1本のスピーカーに付き)3個しか同梱されていません。

とはいえ、スパイク受けを3つ咬ませた場合、当然ながら後方2本分は宙に浮いた状態になってしまいます。音質の変化の問題があるのかもしれませんが、個人的には「安定感」をより重視したいので、追加で純正スパイク受けを取寄せることにしました。

スピーカーを購入した店経由で先週末に注文し、本日ようやく受け取ってきたのですが、品番を見るとS-81用になっています(汗 不安に思い問い合わせたところ、S-71用とS-81用はパーツ自体の型番は異なるものの中身は同じなのだとか。確かに見た目は同じに見えるのですが・・・そんなこともあるんですかねぇ(^^A

帰宅後、じっくり見比べて調べてみましたが、やっぱり違うもののようです(汗
裏面を見比べると、裏側に小さな穴の有無で差異がありますし、重量もS-71用が12gでS-81用が11gです。型番が違うだけのことはありますね。さて、どうしたものやら・・・

にほんブログ村 PC家電ブログへ←W援護をお願いします!!
m(_ _)m

|

« 更新も大事 | トップページ | FC店と直営店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/42742388

この記事へのトラックバック一覧です: 2種類のスパイク受け:

« 更新も大事 | トップページ | FC店と直営店 »