« 春がいいか、秋がいいか | トップページ | 改装工事3 »

2011年11月27日 (日)

スピーカー調達 第2弾!!

前回システム増強へ向けて(2011.11.17)の続き。

注文していたスピーカーが購入店に届いていることをTELで確認のうえ、クルマで引き取りに行ってきました。道路が混んでいたこともあり、往復3時間弱の行程はちょっとキツかったですねぇ(^^A

今回引き取ってきたのは、
リア用:Pioneer Series3(S-31-LR)
サブウーファー:FOSTEX CW250A
・・・ということで、既に設置済のフロント3.0chと併せてようやく5.1chシステムの全容が完成になる格好。

今月月初に後輩へ依頼した宅内の隠蔽配線工事が未済な為、実際にリアへの接続をすることができない(露出配線だと邪魔な為)ですし、サブウーファー用のオーディオボードや接続ケーブルも未手配なので、5.1chで運用するのはもう少し先になりそうですが、現物が手元に揃ってくるとやっぱりチョット興奮しますネ(^^A

にほんブログ村 PC家電ブログへ←W援護をお願いします!!
m(_ _)m

|

« 春がいいか、秋がいいか | トップページ | 改装工事3 »

コメント

はじめまして。
私も5.1chを計画していて、
その候補の一つにs-71の
シリーズを検討しています。
そこでお尋ねしたい事があります。
リアをブックシェルフ型のS-71B-LRでなく、
トールボーイ型のS-31-LRにされた理由は何でしょうか?
参考にしたいので、お答えいただけるとうれしいです。

投稿: boom | 2014年4月21日 (月) 01:02

boomさん、はじめまして。
レスが遅くなり、すみません。

>トールボーイ型のS-31-LRにされた理由は何

部屋の形状や、配線の都合から、リアスピーカーについては、天吊りや天井近くの壁に据え付けといったことが難しく、床置き対応にせざるを得ませんでした。

当然ながらS-71B-LRも考えましたが、ブックシェルフ型だとスピーカー台を用意する必要があり、その価格もプラスすると結構イイ値段になってしまいます。一方トールボーイ型だとそのまま置ける利点があります。

S-31の場合、そのまま置けて、しかもかなり割安。リアスピーカーの音は効果音が中心となってくるので、フロント程音質を重視する必要性も少ないと考えて、割り切りました。

置く場所であるリビング全体の感じが(腰板を貼った)ナチュラルテイストな感じなので、S-31の色の感じに違和感がなかったというのも、理由としては大きいです。
フロントはAV機器全般が黒系なので、これまたS-71で違和感はありませんでした。

理由としてはこんな感じです。

投稿: flipper@管理人 | 2014年5月 4日 (日) 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/43166471

この記事へのトラックバック一覧です: スピーカー調達 第2弾!!:

« 春がいいか、秋がいいか | トップページ | 改装工事3 »