« DIGNO・・・軽くレビュー 番外編 | トップページ | 大容量バッテリでも薄型 »

2012年1月13日 (金)

CES2012

ここのトコ1週間、ずっとスマホのネタを続けましたが、その間、世間ではCESの真っ最中ということで、電気機器の新製品の発表が続いていました。AVやPC、ケータイ、デジカメなど、Impressの情報サイト****Watchで色々情報を漁っていましたが、AV関連は昨年結構投資(散財)したばかりですし、デジカメについても気になるのはNikonの動向だけで、同社は既にD4の発表をしたばかりですから・・・(以下ry

そんなワケで、例年に無くやや”冷めた(醒めた)”状態で眺めているのですが、それでも気になって見ているのは今後のTVの方向性です。昨年のCESは”3D”がキーワードだった記憶がありますが、今年は日韓で方向性にズレが出ていますから。

より高精細な4K2Kへ向かう日本と、大型有機ELパネル採用へ向かう韓国。コスト高で寿命も短く、環境によって見え方が大きく左右される印象もある有機ELをどう扱っていくのかも興味がありますし、コンテンツが全く出揃っていない中で4K2Kをどう推進していくのかも・・・。

我が家のプラズマTVは一昨年の秋に購入していますから、少なくとも延長保証が有効な後3年は使い続けるつもり。延長保証が切れる頃には、当初の目論見どおり”時間の経過を大きく感じられる”ような、大幅に進歩したモノに買い換えられるかなぁ・・・(^^

・・・もっとも、そうなるとAVアンプ側の対応など、他にもコスト要因が出てきそうだから、それはそれで悩ましいのですけどねぇ(苦笑

にほんブログ村 PC家電ブログへ←W援護をお願いします!!
m(_ _)m

|

« DIGNO・・・軽くレビュー 番外編 | トップページ | 大容量バッテリでも薄型 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/43733756

この記事へのトラックバック一覧です: CES2012:

« DIGNO・・・軽くレビュー 番外編 | トップページ | 大容量バッテリでも薄型 »