« スパイラルタイプD型を・・・ | トップページ | M1に到達したBlue »

2013年2月19日 (火)

LED電球へ交換

先ほど帰宅した際、何故か玄関先が暗く感じました。よく見ると、ポスト(というか門柱)の照明が点いていない。スイッチで入切を何度か試したものの反応しないので、恐らく電球型蛍光灯が切れた模様。

自宅新築時からのものなので、考えてみたら1.2万時間弱は点灯していた計算。使用球はパルックボールのスパイラルタイプでしたので、公称8千時間の定格寿命(全光束(明るさ)が初期の70%となる時間)なもの。まか、「よくぞ持ってくれた」と考えるべきなのでしょう。

急いで、閉店間際のヤマダへ滑り込みながら、交換電球を確保。今度は定格寿命4万時間なLED電球をチョイスしてみました。価格は2倍ほど差がありますが、寿命が3倍ですし、消費電力は6掛け位ですから十分ペイするかと(^^A
白熱球換算で60W相当(蛍光灯)→40W相当(LED)とスペックダウンしましたが、体感ベースでの明るさ的には全く遜色を感じません。まぁ外構用の証明ですから、そんなに明るさをシビアに求めているワケでもないですし・・・

これで我が家の照明のLED化もまた1歩前進。現状3割程度ですが、徐々に進めていずれは7割程度まで持っていきたいですネ(^^

にほんブログ村 PC家電ブログへ←W援護をお願いします!!
m(_ _)m

|

« スパイラルタイプD型を・・・ | トップページ | M1に到達したBlue »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/49515698

この記事へのトラックバック一覧です: LED電球へ交換:

« スパイラルタイプD型を・・・ | トップページ | M1に到達したBlue »