« 行政処分 | トップページ | いよいよC2か »

2013年7月17日 (水)

生き残り競争

今朝の日経新聞で、NECがスマホ事業から撤退する旨の記事を読みました。同社からはプレス発表で「現状未定」という回答も出ているようですが・・・
「スマホ事業撤退」報道にNECがコメントケータイWatch

国内の携帯電話機の製造メーカーが「多すぎる」という話は、相当前から出ていましたし、三菱にしろ三洋にしろ過去に撤退したメーカーもちらほら。カシオや日立、東芝など再編されたところもありますが、それでもSONY/SHARP/京セラ/Panasonic/NEC/富士通という現状の6社体制は依然として「多い」のだろうな・・・と。韓国だと三星かLG、台湾だとHTCなど、世界的なメジャーになれる会社は各国1~2社程度じゃないですかね。んでもって、そうした規模にならないと、(ガラケーならともかくこれからの主流である)スマホ市場では戦っていけない・・・と。

しかし、どうせ淘汰されていくなら、NECではなく別のトコが良かったのになぁというのが率直な印象。NEC(カシオ)が無くなってしまうと、G'zのような尖った商品が無くなってしまいますからネ。規模的にも、商品の魅力的にもSONYは生き残るとして、他は厳しいかもしれないですね。個人的には現在京セラ機を使用してますが、たぶん同社機は次に買うことはないだろうなぁ。

にほんブログ村 PC家電ブログへ←W援護をお願いします!!
m(_ _)m

|

« 行政処分 | トップページ | いよいよC2か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/52491940

この記事へのトラックバック一覧です: 生き残り競争:

« 行政処分 | トップページ | いよいよC2か »