« 少しづつだけど進歩を実感 | トップページ | WiMAX2+ »

2013年7月29日 (月)

パケ詰まり

「アンテナは立っているのに、データを送受信してもその速度が極端に遅くなったり、通信が行われなくなったりする」・・・所謂パケ詰まりについて、大阪と名古屋で検証した旨の記事を先週読みました。
大阪・名古屋のパケ詰まりソフトバンクは0% - MMD研究所調査マイナビニュース
ソフトバンク版iPhone 5/HTC J One/206SHは“パケ詰まり率”0%‐MMD研究所が大阪と名古屋で調査IT Media

エリアについての誇大広告の件で想定内ではありましたが、iPhone5で比較した場合Softbankがauを圧倒している印象。android端末だとauも好成績になるのですけどね・・・。
色々な発表や記事を読む限り、docomoはLTE投資をかなり実施しているように思っていたのですが、結果だけ見ると(以下ry 料金体系といい、通信品質といい、苦戦しているワケだなぁ・・・と妙に納得。株主の1人としては、この状況は好ましくないのですけどネ

さて、3G+WiMAX機を利用中な私の場合、「パケ詰まり」はやっぱりあると感じているのですが、そもそもこの規格自体がマイナーですし、各社の主流の規格がLTEに移行しているので、今更それを検証してくれるような企画はないでしょうねぇ(苦笑
次に機種変更をする場合、必然的にLTE端末になるのでしょうが、固定回線でもauを利用している以上、引き続き同社のサービスを利用することになりそうだとすると、やはりandroid端末から選ぶというのが良さそうですね(下取り価格という面は度外視して、回線品質面から判断した場合)

にほんブログ村 PC家電ブログへ←W援護をお願いします!!
m(_ _)m

|

« 少しづつだけど進歩を実感 | トップページ | WiMAX2+ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25523/52646082

この記事へのトラックバック一覧です: パケ詰まり:

« 少しづつだけど進歩を実感 | トップページ | WiMAX2+ »